履歴書の書き方

  1. ホーム
  2. 履歴書の書き方

書く前の基本ルール

・黒いボールペンで手書きが基本
・字は丁寧さを心がけて
・間違えたら書き直す(薄く下書きすると良いかも)
・空欄、記入漏れに気をつけて
・ウソの情報は書かないように
・一通り書き終えたら、控えのコピーを持っておくと便利です

いざ、一筆入魂

書き方見本

記載項目
日付面接時に持参の場合は面接日、郵送の場合は投函日を記入。
年は生年月日や学歴・職歴欄にも記入するので、西暦と元号どちらかに統一して書きましょう。
氏名(ふりがなとフリガナ)ふりがな→ひらがな、フリガナ→カタカナ。
印鑑 履歴書の下に厚めの紙を敷くときれいに押せます。
曲がらないように注意しましょう。
住所 都道府県から書き、マンション、アパート名なども忘れずに。
電話番号 自宅か携帯のつながりやすい方を記入しましょう。
写真 3カ月以内に写した証明写真を貼りましょう。
プリクラ、スナップ写真はNGです。
学歴・職歴 それぞれまとめて記入し、間に一行空白を。最後に「以上」を記入する。
学校名は正式(国立・公立・私立)に。
小学校・中学校は卒業年度のみ、高校・短大・大学は入学と卒業の両方を記入する。
専攻の記入も忘れずに。
職歴がなくても、職歴 と記入し、「なし」と書くのが基本です。
免許・資格 左側と同じく年号の表記を揃えましょう。
基本的に古いものから書きます。
資格に関しては、自身のアピールのためにも全て書いておくと良いです。
志望動機 履歴書内で最も注目される項目のひとつです。
見本等にとらわれず、「なぜこの会社に応募したのか」を自分の表現で具体的に書きましょう。これがないと他社でも良いのでは?と判断されてしまいます。
給与や待遇などの条件面だけにならないように、応募する職種や会社への熱意や興味もお忘れなく。
自己PR どのような形で応募した会社に貢献できるか、自分の長所等と合わせてアピールできるとポイントアップです。
本人希望欄 職種(複数ある場合)や勤務地、就業開始日などの希望はここに書きましょう。
電話が可能な時間帯などもこの欄に書いてOKです。