職務経歴書の書き方

  1. ホーム
  2. 職務経歴書の書き方

職務経歴書って?

あなたが今までどのような仕事をしたのか、どのような経験・能力があって、何ができるのかを企業にアピールする書類

書く前の基本ルール

・A4サイズ1〜2枚が理想
・文字の大きさやレイアウトなどは見やすく作る
・修正しやすいため、PCで作成するのが良い
・ダラダラ長い文章はNG
・誤字、脱字がないかをチェックすること
・実績、業務内容は具体的に書く

書式は3つある

①転職の少ない方向け。最も一般的
編年体式(経歴の古い順に時系列で記載)
②直近の業務をアピールしたい方向け
逆編年体式(直近の経歴から順に記載)
※編年体式のサンプルⅠとⅡを逆にするイメージです
③経験やスキル、得意分野をアピールしたい方向け
キャリア式(業務内容や分野ごとに記載)
記載項目
タイトル職務経歴書と記載
日付企業への送付日。履歴書と同じ日付か確認する
氏名名字と名前の間は空ける
職務概要職務経歴の簡潔なまとめ。どのような仕事をしていたか、ひと目で理解できるような読みやすい文章を3〜5行くらい
会社概要社名・事業内容・資本金・売上高・従業員数などを記載する
職務経歴入退社・仕事内容・取り組んだこと・実績・昇進・異動等。取り組んだ業務の規模・役割・成果などを具体的に書くこと
取得資格・スキル業務に関連した資格・スキルがあれば記載。資格は正式名称で。
自己PRまたは志望動機履歴書と被らないように気をつける。自己PRは自分の強みや能力をアピール。活躍してくれそうと思って貰えるような文章にします。志望動機はなぜこの会社で働きたいのかが伝わる文章にします。
以上最後、数行あけてから右寄せで「以上」と明記